リライト引越センター

御見積り・お問い合わせ 0120-622-775 受付時間 10:00〜20:00

>>> メールはこちら

チェックリスト

荷造り ~上手に引越するための荷造りのコツ

新居の見取り図を作っておくと便利です。
お引越しをスムーズに運ぶためには、面倒でも新居の見取り図をつくっておくと効果的です。部屋ごとの番号を決め、それぞれの荷物に運ぶ部屋の番号を記入しておきます。引越し当日にご説明いただければ思いどおりに荷物が納まっているというわけです。
奥の部屋から荷造りするのが原則です。
荷造りしたものの、気がついたら荷物で出入り口がふさがってしまったり、当たって転んだり、山積みされたダンボールはスムーズな引越しの邪魔になります。荷造りのコツは一番奥の部屋の普段使用しないものから徐々に。遅くても2,3日前から準備を始めましょう。
■ 荷造り用品・用具を揃えましょう
  • □ ダンボール箱
  • □ クラフトテープ
  • □ 布団袋
  • □ ハンガーBOX
  • □ 食器紙(ミラーマット)
  • □ エアーキャップ
  • □ 雑巾
  • □ 新聞紙、布
  • □ ビニールひも
  • □ ビニール袋(大、小)
  • □ 工具類
  • □ はさみ、カッター
■ ダンボール
ダンボールには、新居で、どこの部屋に入れるのかを決めて、部屋番号をダンボールへ明記して下さい。箱の上面だけでなく、側面にも書いておくと重ねてもわかるので便利。
箱に通し番号をつけておくと便利です。大きい数字の箱から開ければ、最後まで使っていたものから取り出せます。
ダンボールの口は組まずに十字にテープを貼ります。
■ 当日・翌日使う物
引越当日に使うものは旅行バッグかダンボールに入れて別にしておく。洗面用具、着替え、トイレットペーパー、使い捨ての食器、常備薬など。
■ ふとん
軽い順にたたんで重ね、その上からふとん袋をかぶせてひっくり返せばきれいに入ります。鏡や額縁などのわれものは絶対に入れないこと。
■ 学校の用意
土日のお引越の場合など、学校の教科書や学習用具は、引越後の初登校日の時間に合わせた用意をランドセルの中に入れておくと慌てずに済みます。
■ パソコンデータのバックアップ
大切なデータのバックアップを取っておきましょう。
■ 食器類
食器と食器の間に緩衝剤を挟んで、積み重ねてから包みます。お皿はタテに入れると割れにくくなります。スプーン類は小さなビニール袋に入れれば、そのままお使いになれます。(箱に「ワレモノ注意」の表示をする)
■ 冷蔵庫
輸送中、冷蔵庫からの水もれで他の家財を濡らす恐れがあります。引越前日までに中を空にして電源を抜いておいてください。また、製氷皿の水をすてることも忘れずに。
■ 貴金属および貴重品
現金、有価証券、各種通帳、印鑑、重要書類、宝石、貴金属、カードはバッグなどにひとまとめにして、引越当日はご自身で持ち運び、管理してください。
■ 洗濯機
排水ホースなど完全に水を抜いておいてください。
お客さまご指定の場所への設置は当社がおこないますが、配線ホースの取り付けや、部品の追加など専門家による設置が必要となる場合があります。

▲ ページトップへ

届出・手続き等

お引越する際のチェックポイント!
実施目安日届出項目準備品手続先
引越し
1ヶ月前
□ 住居の解約手続家主又は管理人
引越し
2週間以上前
□ 電話の移動電話で連絡(116)
□ 水道・ガス電話で連絡水道局・ガス会社
□ 郵便物の転送「住所変更届」を郵便局に提出最寄りの郵便局
□ 電気電話で連絡電力会社
□ 新聞配達人に伝えるか電話連絡現管轄の営業所
引越し
6~5日前
□ 住民移動届
□ 住民転出届
印鑑、国民健康保険証現住所の市町村役所
□ 国民健康保険
□ 国民年金
印鑑、国民年金手帳、国民健康保険証、転出証明書
□ 老齢年金
□ 乳児医療
□ 老人医療
□ 児童手当
印鑑、転出証明
「所得証明書」を発行してもらう。
引越し後
すみやかに
□ 運転免許証免許証・住民票
(他の都道府県へ引越しの場合は写真1枚も必要)
お近くの警察署
引越し後
14日以内
□ 住民転入届印鑑、国民健康保険証新住所の市町村役所
□ 国民健康保険
□ 国民年金
印鑑、国民年金手帳、国民健康保険証、転出証明書
□ 老齢年金
□ 乳児医療
□ 老人医療
□ 児童手当
印鑑、転出証明、所得証明書

※上記の実施目安日はあくまでも参考までの記載となり、各契約条件などにより、手続きをおこなって頂く日数も変わってしまいます。まずは、早めの確認をオススメいたします。

▲ ページトップへ